ぎっくり腰の原因とは?

目次[

気温差でぎっくり腰になる危険性が高まります。

朝晩の気温差が5度を越える日があったり、気温が28度をこえると急に体の疲労が強くなっていきます。

また、気温が高くなると、冷たい食べ物や飲み物を欲しがるようになります。冷たい食べ物や飲み物は、胃や腸の働きを弱めてしまいます。胃や腸の働きが弱くなると、腰の筋肉が緊張してかたくなっていきます。

腰の筋肉がかたくなりすぎて、我慢しきれずに弾けた状態がぎっくり腰です。

夏は体が温まって、かたくなりにくいから、ぎっくり腰になりにくいと思われがちですが、一年の中でぎっくり腰になりやすいのは、実は夏なのです。

夏は、気温からくる熱疲労と、食事からくる体の冷え、内臓疲労が一番重なる季節です。

ぎっくり腰を予防するために、夏を乗り切るために8月後半からの過ごし方で大事なこととは?

お腹を冷やさない、お腹をいたわる、8月後半からはこれを行うことが大事になります。夏バテや夏疲労を感じにくくなります。

夏を気持ちよく乗り切るために、8月後半から大事になってくるのは、おなかを冷やさないことです。暑くてもお腹にはタオルケット一枚かけておく。冷たいかき氷や水を飲むのではなく、温かいお湯を飲む。ざるそばではなく、温かいそばを食べる。どうしても冷たいものを飲むときは、口の中で一度含ませて飲む。食べる。

ちょっとしたことで、体は変わります。よき状態を保つことができます。もし、よかったら、試してみてください。

気温差5度以上の秋バテに注意してください

夏と違って秋の気温差は体にこたえます。思っている以上にダメージを与えます。朝と夜の気温差が5度以上あるときは気をつけてください。

気温差ぎっくり腰になりやすいです。ぎっくり腰になる要因はギャップにあると言われています。
「こんなはずではなかった」これが、ぎっくり腰になりうる信号の一つです。

やっと暑さが落ち着いてきて過ごしやすくなる秋ですが、夏の疲労もまだ残っています。夏の疲労を少しずつぬいていきながら、これからの楽しい秋を満喫してくださいね。

 

腰の痛みの原因について

腰の痛みの原因は、腰の周りの筋肉が緊張して、かたくなって、血管をつぶし、血液の流れが悪くなったために起こります。

骨盤のゆがみが腰の痛みを引き起こしていると言われますが、実は、骨盤のゆがみが原因ではありません。骨盤の矯正をしても腰痛は治りません。

 

腰の周りの筋肉がかたいままだと、いくら骨盤の調整をしても元に戻るんですね。

 

筋肉がかたいままだと、何回もリピートして骨盤を矯正してもらう必要が出てきます。骨盤矯正より前に、腰のまわりの筋肉をやわらかくしていくことで、腰痛は治まっていきます。

 

つらい腰の痛みを改善させるためにはどうしたらよいのでしょうか?

つらい痛みを治すためには、骨盤を矯正したり、頚椎や腰椎など骨を矯正することを行う前に、かたくなっている筋肉をやわらかくほぐすことが、まず第一です。

筋肉がやわらかくならないと、血管が潰されたままです。血管が潰れるということは、筋肉が伸び縮みしにくくなって、血液の流れが悪くなっている、ということ。

 

痛みは筋肉がかたいことにより起こります。

 

痛みの解消は、筋肉をやわらかくほぐすことから。

 

腰の痛みがとれた、腰痛が治った、仕事ができるようになった、これって本当?

これは、僕のおばあちゃんの例です。

 

おばあちゃんは腰が痛くて、頻繁に僕にマッサージをしてとお願いをしていました。痛みが強かったのでしょね。

きつかったのでしょうね。おばあちゃんの体は僕が一番知っていましたし、「こうちゃんが言っているからまちがいない」とおばあちゃんも僕のことを信頼していました。

 

2週間に1回くらいがいつものぺーすなのですが、1週間に1回のペースに変わっていったのです。マッサージをすると体が楽になって、畑仕事ができると喜んでいました。

 

しかし、僕はばあちゃんの体の異変にすでに気がついていました。

 

「なんか、おかしい」

 

今日はマッサージは止めておこうと言ったのですが、おばあちゃんは体が痛いからマッサージをやって欲しいとお願いしてきました。気が進まなかったのですが、おばあちゃんのお願いだから、マッサージをして差し上げました。

すると、案の定、体の痛みは消えていって、翌日、畑仕事をすることができるまでに回復しました。

 

その後です。

 

体が動きすぎるあまり、骨折してしまったのです。

 

骨折したということを聞いて、「やっぱり」と思ったのと同時に、あの時、止めることができなかった自分を悔やんでいます。

 

これからは、できないことはできないと、しっかりと意思を伝えて、体の回復を目指せる正確な整体を目指していきたい、このように思える出来事でした。

 

痛みが取れて、「あーこれで、痛みなく体を動かせるようになった」、と喜んでいたのですが、実はその背後には危険が隠れていたのです。

マッサージして体の筋肉がゆるんで動けるようになったのでもっとできるのではないかと勘違いの思考が働いたのです。

この勘違い思考は自分の持っている体の能力を過信する考え方です。「もう少しできる」、この気持ちが出てきた時は一旦、ストップして、自分の体の能力と照らし合わせてください。この一旦停止が体をすくいます。

痛みが取れて動きすぎる体は危険が隠れています。

 

腰の痛み予防対策とは

気温が上がってきて、暖かくなると、本当に無意識のうちに体が動こうとします。しかし、これ以上動かせないという域まできたら、「止まれー!」というストッパーが働きます。これが痛みです。

春特有の痛みの原因です。春は特に腰の痛みで悩む方が多いです。

 

では、どうしたら腰の痛みを防げるの?

朝起きた時、そして、夜、腰を前に曲げたり、後ろに曲げたり、腰を回したり、腰を動かして、少しずつ腰の動きを取り戻していくことで腰の痛みが和らいでいきます。

どうしても腰の痛みがつらいときは、腰そのもののマッサージをするのではなく、太ももやふくらはぎなど足のマッサージをすることで、腰の痛みは楽になっていきます。

 

ふくらはぎのマッサージ動画

ふくらはぎのマッサージです。よかったら、やってみてくださいね。

スマホを使っていると、どうしても首が折れ曲がって、下向きの姿勢になります。

 

下向きの姿勢が続くと、首の筋肉はもちろんのこと、背中の筋肉にも負荷がかかっていくのですね。

 

背中のこり、背中の筋肉がかたくなって、ぎっくり腰を引き起こす。

これも、ぎっくり腰の原因の1つです。

 

スマホぎっくり腰のメカニズム

 

スマホを使っていると、どうしても前かがみの姿勢になって、目線が下に向いてしまいます。目線が下に向く姿勢が続くと、首の筋肉が緊張、かたまっていって、その筋肉は一本筋になっておしりに向かって走っています。

 

つまり、首を曲げたままの姿勢が続くと、腰にも影響が及んで腰も痛くなってしまうのですね。

 

スマホを見るのを止めて、急に前に向くと、筋肉がピーンと張って、その筋肉が耐えられなくなったのが、ぎっくり腰です。スマホが主因によるぎっくり腰ですね。これがスマホが原因によるぎっくり腰のメカニズムです。

 

下向きの姿勢になると、首の筋肉はもちろんのこと、
背中の筋肉にも負荷がかかっていくのですね。

 

背中のこり、背中の筋肉がかたくなって、ぎっくり腰を引き起こす。

 

背中の筋肉がかたくなる、
これも、ぎっくり腰の原因の1つです。

 

どんなときに、背中の筋肉がこるのか?

と申しますと、長時間同じ姿勢が続いた時です。
ずっと、立ったまま。ずっと座ったまま。ずっと上を向いたまま。
ずっと下を向いたまま。ずっと右を向いたまま。ずっと左を向いたまま。

 

ずっと同じ姿勢を維持していた時、背中の筋肉はかたくなっていきます。

 

スマホを見ている、下を向いた姿勢が1時間、2時間、続くと、
背中はゴリゴリにかたくなっていきます。

 

背中のこり、これが、ぎっくり腰の直接的な要因です。

 

下向きの姿勢は、背骨のワキの筋肉が特に疲れやすいという特徴があります。

 

スマホぎっくり腰は背中のこりに原因あり。どんなときに、背中の筋肉はこるの?

背中の筋肉がこってくるのは、長時間同じ姿勢が続いた時です。長時間同じ姿勢が続いた時、背中が痛くなったり、お尻にも痛みが拡がっていきます。

ずっと、立ったまま、ずっと座ったまま、ずっと上を向いたまま、ずっと下を向いたまま、ずっと右を向いたまま、ずっと左を向いたまま、同じ方向に顔を向け続けることで、背中の筋肉に緊張が蓄積されていって、かたくなっていきます。これが背中のこりです。

 

ずっと同じ姿勢が続くと、背中の筋肉はかたくなっていきます。

 

スマホを見ている時間が1時間、2時間、続くと、背中はゴリゴリにかたくなっていきます。

 

実は、背中のこり、これが、ぎっくり腰の直接的な要因にもなります。

 

スマホぎっくり腰の予兆、そして、対策

一般的なぎっくり腰は、2つ原因が考えられます。

1.体が持っている能力以上の筋肉を動かした時の過緊張状態。筋肉が伸びたり縮んだりした時に痛みます。

2.筋肉が一定期間動かなくなって(いつも同じ動作を行ったりして)、筋肉の膜が癒着する(くっついたままになった)時に痛みます。

 

ぎっくり腰には2つのタイプがある

1.ぎっくり腰にはなったけど、2日ほどで痛みはなくなる。

筋肉が緊張、こわばっている状態のときに起こるぎっくり腰です。時間が経てば落ち着くのでさほど心配することはありません。痛みも局部の狭い範囲で、赤みや腫れがある程度。

 

2.1週間以上痛みが続く。痛みの範囲が広い、少し触っただけでも激痛がある。

すぐに病院に行ってください。整体やマッサージ、鍼灸で対応できる痛みではありません。激しい痛みが1週間以上続く腰の痛みは、体内部の病気の可能性も秘めています。安易にマッサージなどでほぐさないでくださいね。動けない時は迷わず、救急車を呼んでください。

 

ぎっくり腰になったら、まずやるべきこと

ぎっくり腰を起こしたら、まず第一に1なのか2なのか見分けてください。
1だったら、冷たい冷湿布を使ってくださいね。筋肉を温める温湿布は使わないでください。とても重要なポイントです。

【上記の1と2の見分け方】

1.痛みが2,3日で治まる
2.痛みが1週間以上続く、どこを触ってもイタイ、痛みの範囲が広い

 

1か2かの見分け方です。

 

どこを触ってもイタイ、激痛がある、痛みのあるところが赤くなっている、腫(は)れている、このような症状が出ていたら、2の可能性が高いです。すぐに救急車を呼んで対応してください。

 

また、お風呂や温泉に行くことも避けてください。温泉に行くと、筋肉痛、神経痛に効果ありと書かれていて、ぎっくり腰にも効くのではないかと思って温泉に行かれる方がいらっしゃいます。これまでの僕の経験でぎっくり腰になって、温泉に入られ、立てなくなった方を知っています。

 

ぎっくり腰になったら、温めるのではなく、冷やす。このことを覚えておいてくださいね。

 

湿布の使い方

湿布は、冷たい湿布を使います。緊急の時は、買い物袋に氷を入れて(保冷剤でもOKです)、その袋(保冷剤)をタオルで巻いて、痛いところに当てる。

 

早く冷やさなくてはいけいないと思って、氷や保冷剤を直接皮ふに当てることは避けてください。凍傷という別なケガを負うことになります。

 

ぎっくり腰になったとき、お風呂に入ってもいいの?温泉は?

ぎっくり腰を起こして、3日ぐらいはお風呂、温泉は避けたほうが無難です。

 

ぎっくり腰って、やっぱり安静にしておいたほうがいいの?

 

はい、安静が第一です。特にぎっくり腰を起こした当日は、安静を保つことが大事になります。

 

ぎっくり腰にならないために

ぎっくり腰にならないためには、自分の体の能力を理解して、
体の能力以上の運動、仕事、負荷をかけないことが重要です。

また、腰周りの筋肉、内側の太ももをやわらかくしておくことで、
ぎっくり腰を防げます。

 

日頃から、筋肉をやわらかくすることに努めましょう。

 

ぎっくり腰にならないための予防とは?

  • 同じ姿勢、同じ作業、同じ動作を20分以上続けない
  • 足の指を曲げたり、伸ばしたりの運動を行う
  • おなかを冷やさない
  • おなかに力を入れて腰を曲げたり、伸ばしたりをしない

 

ぎっくり腰を起さないようにする予防とは、同じ姿勢を続けない、体を冷やさない、これら2つのことを行うことにあります。

 

ぎっくり腰対策とは?

      • 同じ姿勢、同じ作業、同じ動作が続いたら、手首を曲げたり、伸ばしたり、足の指を曲げたり、伸ばしたり、手足を動かす。(靴の中で行ってもOKです)
      • ホッカイロなどでおなかを温めることも有効です。
      • 軽い物とわかっていても、重たいと思って持ち上げる

    ぎっくり腰は頭で考えていたことと、実際に使う筋肉の力の差によって起こります。

  • 意識と実際に使う筋肉の力の差を小さくすることで、防げるぎっくり腰もあります。

ぎっくり腰になった時の対処法とは?

ぎっくり腰を起こしたら、まずはすぐに冷やしてください。

冷シップを使います。保冷パックを使っても大丈夫です。

保冷パックを使う時は、直接皮膚(患部)に当てることは避けてください。保冷パックを使う時は必ず、タオルを巻いて使ってください。痛みがある間は、お風呂や温泉に入ることも中止しておいたほうがよいと思います。

痛みが残っているときに、温泉やお風呂で温めると、余計に痛みが増幅することがあります。

2,3日して痛みが引いてきたら、整体やマッサージなどで体を整えていく施術を行っていきます。腰の痛みがなくなってからは、温泉やお風呂に入っても大丈夫です。

 

難治性腰痛と診断された方に

お医者様のその診断、ほんとうに正しいですか?

 

難治性腰痛とは難治性腰痛とは検査しても原因がわからない腰痛のことです。

 

しかし、現在診断されている多くの難治性腰痛は、原因不明なのではなく、ただ、お医者様自身が診断することができないだけ、お医者様自身の能力の問題であることが多いそうです。

だから、1つの病院で難治性腰痛と言われて、治療する方法が見つかりませんと言われても諦めないでください。きっと、治療する方法は見つかるはずです。腰痛改善への道は見つかるはずです。

 

痛みの原因は筋肉にあります。

 

「痛みの原因はどこにあると思いますか?」とお聞きすると多くの方は神経だと答えます。このよう考えている方が大多数です。しかし、痛みの原因は神経にはありません。痛みの原因は筋肉にあります。

 

筋肉がかたくなることが痛みの主な原因です。

 

痛みをとるためにはどうしたらよいの?

まずは、今の痛みを発している発生源を見つけることです。痛みの発生源を見つけて、その周囲がかたくなっていると思いますので、かたくなっている筋肉をゆるめていきます。

筋肉がゆるまっていくと痛みは少しずつ治まっていきます。究極の痛みの改善方法は、かたくなっている筋肉をゆるめ、血液の流れを促すことです。

 

滞っている血液の流れを促す

 

当院では、ここに焦点を当てて、整体を行っています。