五十肩と慢性肩こり。肩こり解消のマッサージのやり方を動画でご紹介します。

夏、冬、季節に関わらず、エアコンの中に入り続けると、筋肉がかたくなっていきます。代表的な筋肉の障害が肩こりです。本日は、肩こり解消に向けた動画を撮りましたので、肩こりや肩の痛みで悩みが深まった時、試していただけるとうれしいです。

肩こり解消に向けた動画です。

肩こり解消に向けたマッサージのやり方簡単なマニュアル

肩こり解消に向けたマッサージのやり方は簡単です。次の3つのステップで行うことができます。

1
脇をつかむ

肩こり解消に向けたマッサージの第1ステップは脇をつかむことです。脇をつかむだけですが、ポイントがあります。このポイントがズレると効果が半減いたします。

そのポイントとは、親指の置く場所にあります。親指を置く場所が重要です。親指の置く場所は、鎖骨と腕の付け根付近にあるかたいコリコリとした筋肉の上に置きます。

残りの4本の指は脇の下の筋肉をつまみ上げるようにします。

2
肘を曲げる

ステップ1のように脇をつかんだら、肘を曲げます。

3
肩を回す

ステップ1のように筋肉をつかみ、肘を曲げたら、あとは、大きく肩を回します。肘を曲げたまま大きく肩を回す、これが重要です。腕を伸ばしたまま肩を回しても肩こり解消には至りません。肘を曲げて、大きく肩をまわしてください。

簡単にできる肩こり解消のマッサージのやり方をご紹介いたしました。このマッサージのやり方があなた様のお役にたつことができれば幸いです。

五十肩と普通の肩こり(慢性肩こり)の違いとは?

五十肩と普通の肩こりの大きな違いは、炎症をおこしているかどうかです。

五十肩は、肩の関節の周辺で炎症をおこしています。普通の肩こりは炎症はおこしていません。普通の肩こりは炎症ではなく、筋肉の収縮活動がうまくいっていない状態です。

五十肩と普通の肩こり(慢性肩こり)、どこに違いがあるのだろう?時々、質問されます。

五十肩と普通の肩こりの違いについて書いていきたいと思います。

五十肩と普通の肩こり(慢性肩こり)の大きな違いは、肩の周辺に炎症が起きているかどうか、にあります。

五十肩は病院では「肩関節周囲炎」と診断されます。

「炎」という文字があるように五十肩は炎症による痛みです。

肩を回したりとか、何もしなくても、寝ていても、起きていても、肩の周りに痛みが出ていたら五十肩の疑いがあります。

これくらい、いつもの痛みと同じだから大丈夫と過信しないで、少しおかしなと思ったら、整形外科など専門のところに行って診てもらってくださいね。

五十肩はよく時間が解決する、時間が経てば治るとおっしゃる方がいますが、五十肩は時間が解決するものではありません。やはり適切な処置が必要です。

五十肩になったときの対処法

五十肩の痛みの特徴として、肩に強い痛みがあります。服を着るとき、腕を通すことができない、顔を洗えない、日常生活においてたくさんの不具合が出てきます。

肩に強い痛みがある、手に力が入らない、痛みが強くて夜眠れない、ひょっとすると、五十肩かな?と思ったら、整体やマッサージに行く前に、まずは整形外科に行って診てもらって下さい。

整体やマッサージに行くのはその後からでも遅くはありません。

なぜ、病院受診を先に勧めるかと申しますと、肩や腕を動かす時の強烈な痛みは筋肉ではなく、腱板という肩を動かしている腱が断裂している恐れがあるからです。これを確認する意味で、まずは病院受診をお勧めいたします。

五十肩は適切な処置を早い段階で行えば、改善スピードが早いです。時間が経てば治ると放置せずに、痛みを感じたら、一刻も早く治療に進んでください。その方が回復が早いです。

肩こり改善の腕のマッサージ

肩こり改善の腕のマッサージのやり方をご紹介いたします。この腕のマッサージは初期の五十肩の痛みにも対応できますので、痛みを感じ始めたらすぐにやってみてくださいね。

腕のマッサージには、こういう効果があります


腕のマッサージは、肩こり、首のこりにも効果があります。中でも、肘周りの筋肉をほぐすと、首の後ろの筋肉がゆるんで、首が楽になっていきます。肩がこったな、首が痛いな、こんなときに腕のマッサージ、特に肘周りの筋肉をほぐしていくとよいですよ。

腕のマッサージは四十肩、五十肩にも効果があります。

寒くなってくると、急に肩が上がらなくなった、腕が上がらなくなった、というお声を聞きます。

腕のマッサージは、急な肩の痛みにも対応できます。

急に腕、肩が上がらなくなった、肩がギクッといって違和感を感じる時は、
まず真っ先に手首や肘周りの筋肉をほぐしてあげてください。

この付近の筋肉がほぐれることで、肩周り、腕の痛みが和らいでいきますよ。

五十肩と普通の肩こりは痛みのメカニズムが違います。

五十肩の痛みは炎症です。普通の肩こりの痛みは筋肉の問題です。それぞれ、痛みの過程が違うので、まずは、今の痛みの問題が何なのか?を知ることが大切です。

肩に激痛がある場合は、まずは病院へまず受診することをお勧めいたします。肩を回すときにコツコツいって痛みがある、こちらの方は普通の肩こりの可能性が高いのでマッサージなどの施術で対応できると思います。

五十肩と普通の肩こりは、治し方が全く違うので、最初の初期対応が重要です。